有効期間延長制度

 

 

 

当クラブの会費制度は回数券制であるため、チケットの有効期間途中の休会制度はありません。しかし、夏休みなどは里帰りなどして1か月休む方もおられ、チケットの期限切れになる場合もあります。そこで、休会制度のかわりに有効期限延長制度を20185月より始めることにしました。

 

なお、忙しくて欠席が多くて有効期限内にチケットを使い切ることが心配な方もご利用できます。

 

 

 

有効期限延長制度

 

1)延長期間、延長費

 

有効期限延長は4週間となります。有効期限延長する場合は、延長費として1,000円です。1チケットに付き延長できるのは原則として1回限りです。

 

 

 

2)延長手続きを行う日

 

原則として、チケット購入時点で有効期限延長手続きを行ってください。チケット購入後の変更はできません。

 

 

 

3)平日定期教室10回券の特例

 

平日定期教室10回券(旧11回、12回券を含む)については、ご利用期間が2か月以上にわたる長期になりますので、チケット開始日より1ヵ月以内の期間なら有効期限延長ができるものとします。ただし、手続き以前に欠席した分は対象外となり、有効期限は延長されません。

 

 

 

4)特別休会(医療上の理由による欠席の場合)

 

現在、骨折などのケガ、入院を要する病気、母親の妊娠など医療にかかわる理由で、長期(4週間以上)にわたり欠席する場合は、上記手続きをしなくとも、特別休会として無料で有効期限を延長しています。特別休会をする場合はケガなどの状況、休会の診込み期間などをご連絡ください。

 なお、特別休会について追加料金はありませんので、席の確保はできず、復帰時に同じクラスに戻ることは保証されていません。特別休会中に対して席の確保を希望する場合は、有効期間延長制度をご利用ください。また、特別休会期間が4週間以上にわたる場合、特別に4週間単位で必要期間分期間延長できるものとします(延長費:1000円×月数)。

 

 ※ 特別休会については事後清算になることが多いため、有効期間延長制度を利用する場合は書面にて届け出が必要です。